ストリーミングビデオって何だ?プログレッシブ・ストリーミング

  ストリーミングには大きく分けて2種類の配信方式があります。ひとつはプログレッシブ・ストリーミング(あるいはオンデマンド)、もうひとつはリアルタイム・ストリーミング(あるいはライブ)です。プログレッシブ方式では、圧縮された動画ファイルが、HTTPを使ってインターネット経由で受信側のハードディスクに配信されます。リアルタイム方式では、通常サーバーから受信側のブラウザーに直接配信されます。リアルタイム・ストリーミングでは RTSP(real time streamingprotocol)を利用するので、この方式で配信したい時には、ストリーミング用の特別なサーバーが必要になります。

プログレッシブ・ストリーミング

  プログレッシブ・ストリーミングは、私のような初心者でもとっつきやすい方式です。というのもストリーミング専用のサーバーを用意しなくても良いからです。圧縮済みの動画ファイルをサーバーにアップロードしておくだけだから、サーバーは普通のウェブサーバーで大丈夫な訳です。映像の質は、このプログレッシブ方式のほうが、リアルタイム方式よりも良いことが多いようです。それから一度オンラインのビデオを再生しはじめると、そのファイル全体のダウンロードが始まってしまいます。そしてプログレッシブ方式を使っている限り、作品中の特定の部分をいきなり再生するということはできません。

  動画のフォーマットによっては、プログレッシブ方式の場合動画ファイルを丸ごとダウンロードしないと再生できないものがあります。 QuickTime では「ファストスタート」機能をサポートしているので、ダウンロードしている最中にビデオプレーヤーが起動されて、動画を再生できるようです。これは QuickTime の大きな利点で、現時点でこうした機能を持っているのは、メジャーな動画フォーマットの中では QuickTime だけだと思いますだ。この点だけを考えても、 QuickTime は RealVideo や Windows Media と比較してプログレッシブ・ストリーミングにより適したフォーマットと言えるかな?・・・。

  一般的に言ってプログレッシブ方式のストリーミングは、3分以内のビデオに向いているようです。